FC2ブログ

現役東大生による中学英語の問題集・勉強法を紹介。教科書の使い方から英文法の説明あり。 高校受験、高校入試で勝ち抜く中学生の勉強法を紹介していきます。



プロフィール 

家庭教師で中学生を対象に英語を専門に指導しています。 英検1級。

東大生

カテゴリー 

最近の記事 

月別アーカイブ 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

教科書の英文をノートに書き写せ!
中学英語の勉強に必要な心構え
まずはやること!
中学英語は急がば回れ
中学英語は身体で覚える
高得点をバネに!英語は長期的な視野で
テストで間違え直しは必須
中学英語は英文法で伸びる
基礎文法を攻略しよう
中学英語を「わかる」から「できる」へ!
英文法の品詞の種類と句と節の違い
暗記用の単語帳を武器にする
日本語と違う「英語表現のルール」
有名校受験は範囲外もやっておく必要がある
スポンサーサイト
2006/08/22 21:57|未分類TB:0CM:4

 

一部の高校入試では中学の学習範囲外からも出題されます。ここでいう範囲外とは文部科学省が定めた「学習指導要領」を超えるものをいいます。おもに高校で習う内容なので公立中学ではあつかいませんが、私立や国立大附属校はそのワクにとらわれずに入試問題を作成するので、毎年多くの受験生がチャレンジしています。

県立などの公立入試には絶対に出題されないのに、東大などの有名大学にたくさんの合格者を出す私立や国立大附属校の入試では、さも当たり前のように出題されるのです。有名校受験には優秀な生徒押しかけるので、その高校入試は「落とす」ための性格が強くなります。範囲内での出題だけでは差がつかないので、ワクを超えた難問を出題することで、選抜しやすくしているのではないか、という見かたもできます。だとすれば、受験生は学校以外のシステム(塾など)を利用して得点力をつけないと合格はおぼつかなくなります。
その範囲外から出題される文法事項は
①現在完了進行形・過去完了
②SVOCの文型
③関係副詞・関係詞の継続的用法
④分子構文
⑤話法
⑥仮定法
などです。いわゆる難関校を受けるうえでは、指導要領の内外はまったく関係がない。出題されるのだかから、やっておかなければいけないのです。
2006/08/08 21:49|未分類TB:0CM:1

 

ひととおり文法事項をおさえてしまえば、もう英文和訳で初歩的な間違いをすることはなくなります。長い文章は短い文のつなぎ合わせに分解できるので、ひとつひとつの短文を文法の決まりでほぐしてたどっていくと、それぞれの意味など容易に掴むことができます。そして短文の意味をつなぎ合わせれば、和訳は完成します。

ところが、その和訳文がもとの英文の意味を正しく伝えているか、日本語として意味が通じるかどうかというと、必ずしもそうとは言えません。短文を文法的に正しく解釈し、それをつなげて自分なりの日本語にしたつもりでも、意味がよく通じないことがあるのです。

単語の意味も調べた。文法の間違いもない。それなのに文章がおかしい。日本語の感覚としてピンとこない、ということがしばしば発生します。日本語として整えようとして文章をいじくり回しているうちに、ますますヘンなものができあがってしまうこともあります。結論を言うと、英文和訳においては、基本的な文法力の上に、ある程度の単語力、基本的名構文への理解、熟語や慣用句な言い方などの知識が上積みされ、さらに「和訳のコツ」ともいえる総合力が備わっていないと、正しい日本語に仕上がらないことがあります。つまり、英語独特の「表現のルール」の知識が求められるのです。
2006/07/29 21:16|未分類TB:0CM:0

 

市販されてる暗記用の単語帳(高校入試向け~大学受験向けなどいろいろある)のムダのない活用法を考えておきます。そのつど覚えたつもりでいても、どこかに落とし穴はあるものです。ただし、不規則変化する動詞を終えてしまって、そのうえでさらに単語数(おもに動詞以外のもの)を増やすときに有効になるやり方であることを忘れないでください。大学受験までを考えれば、いずれ覚えなければならないので、程度が少し高くても、とにかく「日本語→英語」「英語→日本語」がいえるように頑張るしかない。ダラダラと時間をかけないで、短い時間の集中を何回も繰り返すといいだろう。やはり単語帳をたくさん知っていると強いので、単語帳などはやったほうがいいと思います。利用の仕方は。一回で覚えようなどと甘く考えずに、何回も繰り返してやることだ。

単語は文章の中で覚えればいいという人が多いようだが、それでは時間がかかるので、時間が足りないと感じている人は、単語帳を使っての暗記が有効だ。自分で暗記カードを作成しようとして、途中で放り投げるよりずっとマシだと思います。また、単語を文章から切り離して独立したものとして覚えようとすると、相当に苦労する。文章を繰り返し読んで書いて、その中で単語をしっかり覚え、市販の単語帳はあとの整理に使うほうが確実なやり方なので長続きするだろう。単語帳選びは高校入試の問題集・高校受験の勉強法に詳しいこのサイトで選ぶのが良いだろう。

市販の単語帳というのは、入学試験の直前になってから、自分の知らない単語だけピックアップして補充できるという点では大変有効だと思います。しかし、このやり方を単語学習の中心にするのはいかにも心細いだろう。
2006/07/20 20:58|未分類TB:0CM:0

 

品詞の種類
①名詞=人や物の名称を表す語
・数えられる名詞→ア、普通名詞、イ、集合名詞(単数形と複数形)
ア、apple,cat,flower,radioなど。イ、class,family(家族)など。
・数えられない名詞→ウ、物質名詞、エ、固有名詞、オ、抽象名詞、ウ、milk,butter,watorなど、エ、tokyo,tomなど。
オ、art(芸術),life(人生)など
②代名詞=名詞の代わりをする語、既出の名詞を指すことが多い
(何を指しているかを常に考えるクセをつけて文章を読め!)
I,my,me,it,that,one,another,allなど
③形容詞=名詞を修飾して、性質・形状・数量などを表す語
big,small,kind,black,beautifulなど。
④副詞=時・場所・程度・頻度・方法・否定などを表わす語
(動詞を修飾、副詞を修飾することもある)
⑤動詞=名詞、代名詞の前に置かれ、場所・時間・範囲などの形容詞句を作る
in,at,on,above,pver,between,among など。
⑦接続詞=語と語、句と句、節と節をつなぐ語
and,but,or,as,when,before,while など。
⑧間投詞=他の語と独立して、感情を表わす語
oh,hello,ouch,well など

・句と節
いくつかの語が集まって一つの品詞の働き(名詞、形容詞、副詞)をする場合、そのなかに「主語+動詞」の形をふくまないものを句、ふくむものを節という。
They want to arrive at athe town before sunset
(彼らは日没までには町に着きたいと思っている)<句>
They want to arrive at the town before the sun sets.
(彼らは日が沈む前には町に着きたいと思っている)<節>
2006/07/11 20:39|未分類TB:0CM:2

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

最近のコメント 

最近のトラックバック 

ブログ内検索 

Copyright(C) 2006 東大生による中学英語の問題・中学英語の勉強法 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。